中学生の気持ち!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日はある中学生の保護者の方とたくさんお話をしました。

希望と期待!

先月からレッスンがスタートした生徒さんです。
まだこれから少しずついろいろなおしゃべりをして
様子を伺えればと思っていました。

 

 

今日はたまたま時間があり、お母様にレッスンを
受けようと思ったきっかけを伺いました。
今回のレッスン受講を希望したのは生徒さん
ご本人でした。

 

中学校の部活では先輩から楽器の演奏の仕方を
教わります。

クラブ活動で自分が担当している楽器をもっと
ちゃんと習得したいと希望されたとのこと。

 

 

確かにレッスンに来られたとき、毎回たくさんのこと
を知りたい、もっと!という期待にあふれた表情を
されています。いい表情だな~と感じていました。

 

中学生の悩み

でももう少し突っ込んで話を伺うと、実は最近は
中学の部活動は先輩からの言葉で後輩が傷つきクラブを
辞めてしまったり疑問があっても逆らえないということも
若干あるようです。

 
でもこの生徒さんはそんな悩みを抱えつつも何とかして
乗り越えたいと考え、自分でレッスンをやっているところ
を調べご両親にお願いをしてくれたという事でした。

 

お母様はこの相談を受けた時に「部活が大変ならやめたって
いいんだよ」とおっしゃったそうです。

でも生徒さんは「何とかして頑張ろうとしてるのに!」と
逆に怒っていらっしゃったそうです。

きちんと学んで学校で自信を持ってクラブ活動をしたいと
思われているそうです。

 

保護者はこのような相談されたとき、どのように声を
かけてあげればいいのか困ってしまうと思います。
「もっと頑張れ」「辞めてもいいよ」

 

どれを選べば正解かはわかりませんが、その時のお子さんの
どうしたいかをしっかり聞いてあげることが必要だと思います。

 

 

平瀬楽器では講師だけでなくスタッフも、生徒さんにとって、
たくさん話を聞いてくれる人という存在になれるといいなと
思っています。

これからも少しずつお話しをしていきたいと思います!

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子, 考えていること