××よりもガタガタのピアノ!

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

春ですねぇ。

すっかりポカポカですねぇ。

花粉症で鼻グズグズですねぇ。

 

そんな「春」を感じる仕事、今日伺ってきました!

 

 

●ピアノをはじめるにあたって

 

春になるとピアノを始めようかと
考えられる方が多いのは事実。

でも、いざはじめるとなると楽器がいるよねー
となって、さてどうしよう?と悩まれるわけです。

 

今日伺ったお家は、
春になったらピアノを始めようかと
考えてらっしゃるご家庭の
お母さんのおばさんにあたる方のお家。

 

お母さんが幼少期に、長く練習のために通い
使わせてもらった思い出のピアノでした。

 

 

●おふるのピアノ

 

お母さんのおばさんが使われていたピアノ、
ということはそれなりに年季が入っています。

今日のピアノの製造年はいまから約45年ほどまえ。
つまりだいたい大体45歳くらい。それなりに古いですよね。

 

当然(というべきなのかはわかりませんが)、
その持ち主のおばさまは日々練習はされていませんので、
基本的に放置状態。

 

外装の光沢はありませんし、
ペダルもくすんでいます。
調律も相当くるっていました。

 

しかし中を見ると、それ以外に大きな壊れがなく、
少し内部を直して外装を磨いて使えば
十分なんじゃないのかなという見立てでした。

 

金額だってそれほど高額をいただく必要が
なさそうな感じでした。

 

●運ぶ?なおす?

 

こういう場合、古いピアノを使うのか、
新しいピアノを買うのか、結構な確率で悩まれます。

今回も別の業者さんにざっくり見積を
されていたらしいのですが、
その金額が20万円くらいだったとのこと。

 

いまなら中古ピアノは30~50万円くらいで
手に入りますので、これはどうするのが
ベターなのか悩まれるのもよくわかります。

 

 

●××よりガタガタのピアノの方がいい!

 

また、昨今では電子ピアノも非常に
いいものが作られています。

生のピアノのタッチにかなり近づいている
ものも販売されています。
ほんとに技術は日進月歩です。

 

でもね、ピアノを触らせて貰う立場から
言わせてもらうと、
どれだけ高級な電子ピアノだったとしても、
ガタガタの生のピアノの方が全然良いと思うんです。

 

指の練習だけなら電子ピアノでも出来ますが、
音色の練習をしようと思うなら
生のピアノじゃないとダメなんです。

 

なので、多少古くても、多少汚くても、
生のピアノを使ってもらいたいんです。

古いピアノの心あたりがあるのであれば、
ぜひ直して使ってください。弾いてください。

まずはそれが上達の近道だと思います。

 

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 調律のこと, ピアノのこと