地域で生きるとはこういうことなんだ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨夜はある知り合いのお通夜に行ってきました。

 

●地域で活躍

 

彼女は古くから地域で活動し、

この地域で子育て支援サークルの先駆け

となった人物です。

 

仕事上の絡みはほとんどなかったものの、

地域でいろんな活動している人たちと

間接的につながることがありましたので、

いろんな場面で出くわすことが多かった1人です。

 

とっても元気なおばちゃんというイメージでは

ありましたが、

重い病気には勝てず本当にあっさりと逝ってしまいました。

 

●痛快

昨夜のお通夜、

痛快(っていうと語弊があるかもしれませんが)

だったのは親族が15名程度に対して

一般の弔問客が150~200名も送られていたということ。

そこには若いお母さんや子供たちの姿もたくさん見えました。

 

きっと子育て支援活動の中で彼女と一瞬でも

関わった人はもっともっとたくさんいるんでしょう。

 

こんなにたくさんの人たちが来るんだ。

悲しんでくれるんだ。ある意味痛快でした。

 

たった53年の短い人生ではありましたが、

確実に爪痕を残したよねと思いながら会場を後にしました。

 

●地域を意識する

 

平瀬楽器もまったく一緒で、

(もちろん遠方から教室に通っていただいてる方も

いらっしゃいますが)地域の皆さんが通われる音楽教室です。

 

当然一度入会された方がずーーっといらっしゃるわけでは

ありませんので何かのご事情で退会される方も

たくさんいらっしゃいます。

 

しかし、それはまたこの地域で平瀬楽器に

関わってくださった方が1人増えたのかなと

前向きに解釈をしています。

 

実際に中学や高校の吹奏楽部を見ていても、

当教室出身の子供たちの名前をちらほら見かけますし、

音楽大学を卒業した面々が出演する

新人コンサートのような催しでも、

当教室の卒業生が出演するという事は

特に珍しいことではありません。

 

 

地域で仕事をさせていただくということは

しがらみやややこしいこともあるかもしれませんが、

われわれはそこを大事にしていかなきゃいけないんだと

改めて感じています。

 

●理念

 

音楽で、この街の笑顔を増やします。

 

この理念を作った時、

実はそれほど深くは考えていませんでした。

 

しかし昨日のお通夜に参列させてもらって、

街や地域で生きることを強く意識してしまいました。

 

彼女の意思を継ぐ、だなんてだいそれたことは

言えませんが、

地域で生きる者として、地域の人たちと

もっと深く関わって、

地域に笑顔を増やしていく仕事を

もっともっとがんばっていかないと、と

強く強く感じた昨日のお通夜でした。

 

 

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 地域のこと, 音楽について, 考えていること