お子さんの得意は?

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

みなさんは自分が得意とすることはありますか?

自分の得意をみつける

なにかの面接で「あなたの得意なことはなんですか」という
定番の質問があります。

就職活動をしている学生さんはきっと自分の得意なことは
○○です。とあらかじめ回答を準備していると思います。

 

わたしの場合は得意と言われてもコレ!と思いつくものがあまりありません。
得意って何があるかな~と戸惑ってしまいます。

 

では子育て中のお母様、「お子さんの得意なこと」はなんですか?

お子さんが中学生以上になってくると大抵の方はうちの子は国語
が得意、英語が得意と学校の科目でおっしゃられます。
本当にそれはお子さんが得意と思っていることなんでしょうか。

得意ってなんでしょう

Wikiより

得意とは
最も手なれていて自信があり、じょうずであること。また、そのさま。

つまり自信があり人よりも上手であることです。

 

ではお子さんは今後自分の得意をどのように認識していくのでしょう

実は「人に褒められる」ことがとっても重要です。

 

 

ご本人がどんなに上手にできることでもその行為を
ほかの人から褒められていなければ「得意」と感じて
いないかもしれません。

 
自分が好きで上手にできることをほかの人が褒めてくれてることで
「自信」がつき「得意」となっていくのです。

 

そして将来この「得意」と自分の「やりたい」「好きなこと」を
組み合わせることで「なりたい自分のイメージ」がはっきりしてくると思います。

なりたい自分がイメージできれば人はそれに向かって頑張れると思います。

 

 

保護者の皆さん、まずはお子さんの「得意」を作るために
たくさん褒めましょう。そしてたくさんの夢をかなえる
お子さんに育てましょう!

 

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 子育て, 考えていること