続けるための秘訣

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

皆さんは毎日同じことを続けるのは得意ですか?

できるが満足?

平瀬楽器の生徒さんの中には本当に長い期間レッスンに通って
いただいている方がいらっしゃいます。
いつからレッスンを受けていますか?という質問に
「覚えていないけど小学生のころからでしょうか・・・。」と
社会人になっても、お母様になっても通い続けていらっしゃる方があります。

 

わたしがこの平瀬楽器でお仕事をし始めて10数年たっていますが、
その前からお越しいただいているのでご本人が覚えていらっしゃらないという
ことは私にもはっきりわからないということになります。

 

その方たちはなぜ続けていらっしゃるのでしょう。
子どものころはレッスンに通うのが嫌だったこともあるそうです。
友だちが遊んでいるのに自分はレッスンに行くためみんなと一緒に
遊べないと考えたことも。
ただ中学生、高校生、大学生、社会人になっていつからわかりませんが、
習っていてよかったと自分自身が感じてからはレッスンに来ることが
嫌ではなくなったとおっしゃっていました。

また中には生活の一部になっているので毎週レッスンを受けたり
毎日練習をしなければ気持ちが悪いんですとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

 

皆さんレッスンを受けると「楽器が演奏できるようになる」という事に
ただ満足されているのではないと思います。

生徒さんひとりひとりが感じる「習っててよかった」とか「○○ができる
ようになった」という満足感の内容は様々ですが、ながく続けていらっしゃる方は
なんらかの「良いこと」を感じていただけているのだと思います。

褒められるが満足に!

幼児や小学生のお子さんがレッスンを始められた場合、
自ら進んで練習をするお子さんはごくまれです。

 

しかしご家族の皆さんは「自分から練習をしない」という理由で
レッスンをやめる決断をさせれてしまうことがとても多いです。

 

できれば練習をする習慣が身に付くまで根気よく声をかけ
見守っていいただきたいと思います。

 

人は誰でも「よい思いを実感」しなければ自分から進んで続けるという
行為を行うのは難しいです。

 

お子さんにとっては「褒められる」「認められる」という事が
「よい思い」だと思っています。
お父様、お母様、ご家族は、練習しなさいと叱るのではなく
「練習すれば褒められる、認められる」とお子さんが感じてくれるように
言葉がけしていただきたいと思います。

 

 

どんな言葉をかけたらいいのか迷ったら
平瀬楽器のスクールアドバイサーにご相談くださいね。
お待ちしております。

 

 

 

 

 


【兵庫三田ピアノアカデミー 第5回修了コンサート】

と き:2018年2月4日(日)14:00開演(13:30開場)
ところ:神戸市立北神区民センター ありまホール
入場料:1,000円
☆チケットのご予約・お問い合わせ等はこちらから

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて, 教室の様子