楽しんでもらうという気持ちって大事

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は屋外でミニコンサートを行いました!

 

●ショッピングセンターでデモ演奏

 

平瀬楽器の藤原台センターが出店している

ショッピングセンターの広場をお借りして

エレクトーンやピアノのコンサートを

年に数回行わせていただいています。

 

人前で弾くというのは学習者にとって

貴重な経験になります。

ホールではないカジュアルな場であっても、

知らない人に聞いてもらう経験というのは

きっとプラスに作用するはずです。

そんな思いで続けているコンサートなのですが、

昨日はちょっと違う形式でした。

 

というのも、昨日はコンサートではなく

デモ演奏というたぐいのもので、

新しく始まるレッスンの宣伝をさせてもらう

ための告知コーナーのようなコンサートを

させてもらったのでした。

 

 

●最悪の環境

 

しかし昨日は朝からの雨が降り続き、

冷たい風が吹きすさぶという最悪のコンディション。

コンサート会場として使わせてもらう場所が

ちょうど風の通り道になるところでしたので

とにかく寒くて手は動かない、

楽譜はぶっ飛びそうになる、

いろんな不具合満載でした。

 

当然お客様も同じように寒い場所でした。

でも同じように寒い思いをして聞いてくださる方も

いらっしゃったりして、

最悪な環境ではあるものの、

なんだか不思議な一体感が生まれるような

場所になっていました(笑)

 

 

●がんばる姿

 

演奏してくれたスタッフは自分でお話をしながら

進行をするわけですが、

手だけでなく口もだんだん動かなくなってきます。

それでもエレクトーンのいろんな音色や機能を

知ってもらうために、

レッスンのことを知ってもらうために、

精一杯がんばってくれました。

正直そこまでやってくれるかぁと

感心してしまったほどです。

 

 

●楽しませること

 

昨日はレッスンの見込み客集めという側面も

ありましたから、がんばって成果を出したい

という気持ちがありましたが、

これがコンサートでも一緒だと思うんです。

 

なにかしらのもの(たとえば演奏)を

提供してお客様に聞いてもらう

という場において、

寒いとか暑いとかいうのは

お客様には関係ありません。

 

その場その場で一番いいパフォーマンスを行い、

お客さんに楽しんでもらうことが

大事だと思うんです。

 

昨日のスタッフの姿勢で、

そんなアタリマエのことに

改めて気づかせてもらいました。

 

まだまだ自分もやれることがあるんじゃないか、

そんな気持ちになれたコンサートでした。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - エレクトーン, コンサート, イベントレポート