やさしいスケジュールをたてよう~続・段取りが重要、やっぱり重要~

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日のブログ、ちょっと反響をいただけて嬉しかったのですが、

自分でも思うところがありまして。。

 

●パツパツ

 

実は昨日も朝から夕方まで結構パツパツな

スケジュールを組んでいたんです。

ちょっと油断すると振り落とされるぞ

っていうくらいの一杯一杯感で。

 

でも、朝一番のお客様のところに伺う道中が

結構混んでまして、

10分ちょっとくらい遅刻しちゃったんです。

最終的にそれが夕方まで足を引っ張る、

みたいなことになっちゃったんです。

 

きちんとスケジュールを立てるのが大事や

と書いておきながら、

自分で立てたスケジュールに

振り回されちゃったわけです(苦笑)

 

 

●埋めたくなる衝動

 

人間って空白があると埋めたくなる生き物らしいです。

昨日のぼくもまさにそうでした。

 

スケジュールの紙は基本的に真っ白。

それを埋めたくなってしまい、

ついついパツパツのスケジュールを

組み込んでしまったわけなんです。

 

で、ちょっとうまくいかなかったわけです。

 

 

 

●よゆーが必要

 

やっぱりスケジューリングには

余裕が必要なんですよね。

 

自分だけのスケジュールだったら

多少の無理でもなんとかなるのかも

しれないのですが、

もう少し多くの人たちに動いてもらおうと

思ったときに、

いっぱいいっぱいの余裕のないスケジュールでは

動いてもらいにくいんです。

 

イベントなんかのときはまさにそんな感じで、

自分の動きがわからなくなると

効率良く動くなんて無理な話ですから、

人と関わるのであれば

余計に余裕を意識するというのが

大切なのかなと思います。

 

 

●7わりくらいで

 

たとえば1ヶ月間の準備期間を経て

今月末に開催するようなイベントを

抱えている場合、1ヶ月間というのは

あくまでも自分の中のスケジューリング

なわけです。

 

もし他の誰かと一緒に動くのであれば、

あと10日ほど余裕を持った

スケジュールを組んでみるのも

いいかもしれません。

 

 

イベント当日の準備でも、

自分が思っている7割程度の仕事しか

できないだろうなぁと思って

予定を立てるほうが

精神的にも健康かもしれません。

 

 

自分以外の人たちの能力が高いとか

低いとかそういう話ではなく、

自分も含めた周りの人たちにとって

やさしいスケジュールを組んでみることを

意識するというのも、

回り回ると自分のため、そのイベントのため、

になるのかなーなんて思ったりした、

昨日のパツパツスケジュールでした。

 

 

パツパツはあかん。よゆーが大事。

あたりまえですけどね(笑)

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - イベント開催ノウハウ, 考えていること, イベント屋