音楽と会議の共通点??

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日はおもしろくない会議に出席してきました!

(関係者見てるかもしれないけど、もういいや!(笑))

 

●おもしろくない会議

 

昨日の会議はいわゆる理事会というやつで、

いろいろなことを決める場所です。

 

議題もまぁまぁたくさんあって、

たとえば次の販促に向けてのこととか、

もう少し先のこととかを話ししていく場

のはずなんです。本来は。

 

 

でも、昨日はひどかった。

 

報告だけは割としっかりするものの、

検討する段階ではない議題のオンパレード。

しかも、淡々と進めるもんだから

わかりにくいしおもしろくないんです。

 

 

●おもしろくない理由

 

昨日からちょうど一日経ったので、

何がおもしろくなかったのか、

理由を考えてみました。

 

 

・すべての議題が同じトーンで進められていた

直前の販売促進計画なんかは

もう煮詰まっているはずなのに、

随分先のことを考えるのと同じテンションで

論じられていた。

つまり、何も考えられてなかったってわけです。

 

 

・やりたいことが伝わらなかった

プレゼント企画の景品を選んでほしいと、

ものすごくたくさん商品が載った資料が

配られました。

考えている側の気持ちが伝わってこないんです。

 

 

・数字で話ができてない

「前回の企画はいまいち反応が

良くなかったので、

今回はこんな感じで進めようと思います。」

 

なーんて、一見ちゃんとしているような

ことを言っていますが、

 

「いまいち」ってどれくらいイマイチなんですか?

 

って聞いても答えられない。

裏付けになる数字はまったくありませんでした。

 

 

なんだか重箱の隅をつつくようで

アレなのですが、

こういうのって大事だと思うんですよね。

 

 

 

●音楽も一緒だと思うのです

 

でも、これって音楽でも同じようなことが

ある気がするんです。

 

 

・すべての議題が同じトーンで進められていた

→一曲の中で音量の大小などメリハリがあるから

長い曲や繰り返しが多用される曲でも

じっくり聞けるわけです。基本中の基本ですよね。

 

 

・やりたいことが伝わらなかった

→演奏している人が、この曲のどの部分を

特に聞いてほしいのかが伝わってこない

演奏って×だと思うんです。

歌で言ったらサビの部分に気持ちが

こもってない感じ?

 

 

・数字で話ができてない

→音楽と言っても組み立てが大事。

どこでどう盛り上げるかを考えて

事前に作り込む必要がありますよね。

 

 

 

●むりやりなのかな?

 

音楽にしても会議にしても、

自分一人では出来ません。

相手があるから成り立つこと。

 

だったら相手のことを考えましょう。

 

どうやったらわかってもらえるか、

気持ちが伝わるのか。

 

コジツケではなくて、当たり前だと

思うんですけどね。いかがなもんでしょうか?

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 音楽について