知識と対応は一体ですね

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日、調子が悪くなっていたipadを持って、

アップルストアに行ってきました。

 

タイミングの悪いことに新しいiphone発売直後の

最初の日曜日ということもあって、

店内はごった返し状態。

 

それでもスタッフの人達は若干テンパりながらも

日常業務をテキパキとこなされていて、

そんな様子をぼんやり眺めていました。

 

 

●ミニセミナー

 

店内の大きな机の回りでは、

即席のミニセミナーのようなものが

いくつか行われていました。

 

新しい製品の新機能の説明が主だとは思うのですが、

大きな画面にケータイを写しだして、

使い方の説明やどんなことが出来るのか、

ということを笑顔で語るスタッフさんと、

その話に耳を傾けるお客様という絵が

店内の数カ所で繰り広げられていました。

 

 

 

●「××がやりたい」

 

そのセミナーの最中、初老の男性が

 

「じゃあ、こんなことはできひんの?」

 

とスタッフさんに話しかけたんです。

 

基本的にセミナーの内容は決められたものを

決められた時間で行っていると思うのですが、

 

その話しかけられたスタッフさんは柔軟に対応し、

それだったらこんな感じで、と男性向けに

カスタマイズした内容にシフトしていっていました。

 

そのスムーズさとスマートさがすごいなぁ

と思いつつ、眺めていた次第です。

 

 

●わかっているからできる対応

 

結局のところ、

だいたいすべてを理解しているからこそ

スマートな対応ができるんだと思うんです。

 

iphoneのことはしっかり理解しているけれども

ipadのことはいまいちわかんないという

スタッフさんだったら対応できませんもんね。

 

ある程度広く知識を得、対応策を知っておくことで

柔軟に対応できる。

 

当たり前のことですが、そんな当たり前の

ステキな対応をアップルストアで見させてもらいました。

 

 

●勉強になりました

 

自分たちが日頃カバーすべき楽器類は

とても広いものです。

 

大太鼓や小太鼓などの教育楽器はもちろん、

ピアノやエレキギター、場合によっては

和太鼓や箏、民族楽器なんかも対応しないといけません。

 

特に和楽器や民族楽器になると触れることも

少ないのでどうしても知識は少なめなのですが、

来られるお客様は我々のことをプロだと

思っていますので、知らない分からないでは

通じませんもんね。

 

 

何かに特化した専門店ではなく、

幅広く楽器を色々扱っている楽器店だから

幅広い人たちに安心していただける接客を

していかなきゃいけないなーと思った

アップルストアの店員さんの対応でした。

勉強になりました!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - スタッフ勉強会, サービスについて, 考えていること