生演奏をやっているカフェやレストラン

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日の夜、あるカフェにピアノの調律に伺ってきました。

 

●ピアノがあるカフェ

 

そこは音楽大学出身の店長が用意された

アップライトピアノが一台

片隅においてあるカフェで、

サロンコンサートを定期的に開催しようと

準備されているというお話でした。

 

 

知り合いのクラリネット奏者から

「ピアノの子が言うんですけどね、

なんか鍵盤がふかふかするんですって!」

という謎のヘルプ連絡を受け、

 

ふかふかってなんだ?

 

と頭を捻りながら閉店直前の

カフェに到着。

 

 

伺ってみるとピアノがとっても古く、

手入れもきちんとできていなかった

こともあって、

弾きにくいことこの上ない状態。

 

鍵盤とアクションの間に

「あそび」ができていたこともあり、

【ふかふか】になっていたことも判明。

 

 

これはなんとかしなければーと思い、

ちょっとがんばってきました。

 

約2時間半ほどがんばった甲斐あって、

とりあえずそこそこいい状態に

仕上がったのでホッとしています。

 

 

●カフェにあるピアノ

 

当店のピアノサロン・自遊空間Amiも

そうなのですが、

カフェにあるピアノや飲食店にある

ピアノって総じて状態が

よろしくないことが多いです。

 

それは調律などの手入れが

行き届いていないからというよりも、

部屋の状態に問題があることが

ほとんどなんです。

 

 

カフェや飲食店の場合は

普通のご家庭よりも至近距離で

キッチンがあることが多かったり、

一日中水を使ってたり、

油の使用量が多いために

室内への飛散が多くなってたり

するんです。(仕方ないですけどね)

 

なので、必然的に湿度も高く、

空気の入れ替えも不自由だったり、

温度の変化も営業中と閉店時で

思いっきり違ってたりと、

ピアノにとってはいいとは

いえない環境が揃っていたりする

ことがほとんど。

 

 

いわゆるライブハウスや

ライブバーなんかも

そうなっていることが多いんです。

 

 

ピアノの演奏で有名なレストランなんかも、

けっしてピアノにとっては

いい環境じゃないことが多いんです。

 

 

●付加価値

 

でも、楽器の生演奏があるっていうのは

そのカフェやレストランにとっては十分な付加価値。

 

演奏内容が場所の雰囲気にピッタリと

マッチしていれば、続けて通うキッカケにも

なりますし、

そのお店が好きになるキッカケに

なると思います。

 

ですので、もしこれから

カフェやレストランをやりたいなぁと

お考えの方は、

ピアノの設置をオススメします。

楽器のご紹介はもちろん、演奏家の紹介や

調律のご案内もぜんぶひっくるめて

対応させていただきますよ~(笑)

 

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 調律のこと, ピアノのこと