やらなきゃわからない!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

保護者疑似体験をさせていただきました。

実際のレッスンに参加

実は先日姪っ子のレッスンに保護者として付き添いをさせていただきました。
今までいろいろなクラスのレッスンを見学させていただくことはたくさんありました。
でもそれはあくまでスタッフとして。

 

しかも生徒さんや保護者の方からはお店の人が見学に入ってきた!ということで
参観日のように少し緊張感が生まれます。
そうすると子どもたちはかなりよい子(笑)になってレッスンも比較的スムーズに進んでいるようです。

 

 

しかし今回、保護者として参加させていただくと・・・・
3歳のコースは絶対これをできなければ!というものではないのでレッスンを受けること自体は比較的楽なんですが、しばらくの時間、子どもの機嫌が悪くなった時にとても困りました。

 

保護者の悩みも体験

どうしたらレッスンを邪魔しないように言い聞かせることができるか・・・先生の指示を聞けるように持っていけるか、これって保護者の皆さんがよく口にされる切実な悩みの一つですね。

 
見聞きしてわかっているつもりでしたが、自分の番になるとあまり冷静ではいられなくて先生や他の保護者の皆さんに「すいません!すいません!」と言っていました。

 

いつもなら「そんなに気にしなくて大丈夫ですよ!」と保護者の皆さんにお伝えしてるところです。でもこの状態で、もし私がもう一人いて「大丈夫ですよ」と言われてもあまり耳に入ってこないかも・・・と思いました。

もっと何か他にできる事はないかを考えていきたいと思いました。

 

保護者としてのレッスン参加によって保護者の方の気持ちを少しでも感じられた事はとても良い経験でした。

また今後も保護者代理を務めるときがあると思いますのでいろいろ工夫してみたいとおもいました。

 

 

こうして自分で実際に「やってみなければわからないこと」はとってもたくさんあると思います。

 

 

次は生徒さんの気持ちを知るためにも、自分もレッスンを受けてみてもいいかな~なんて考えたりします。

 

保護者の皆さんもお子さんがよく口にする「できない!」という気持ちや「練習が嫌!」という気持ちを身を持って体験し、知ってみてはいかがでしょう。
ピアノなどが弾ける保護者の方は、経験したことの無い楽器の体験レッスンを受けてみるのも面白いかもしれませんよ!

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて