鍵ハモ、どこが壊れるの?どうしたらいいの?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日も、一昨日も、毎日毎日

鍵盤ハーモニカの修理をしています。

 

●どこが壊れる?

 

鍵盤ハーモニカという楽器は音楽学習の

ために開発された楽器ですので、

基本的には少々落としたりしても

壊れませんし、ある程度ハードな

使い方をしても大丈夫なような

作りになっています。

 

いわゆるメンテナンスフリーな

楽器です。

 

しかし、楽器として見たときに

それでは具合が悪い箇所が出てきます。

 

 

それは音の問題。

音が出ない、もしくは出たとしても

ものすごく音痴(おんち)。

そういうのがよくあるんです。

 

これは音を出すリードと呼ばれる

金属製の部品の不具合から生じる

症状なんです。

 

 

 

●症状

 

症状的にはもうコトバのまんま。

音痴なんです。ただひたすら音痴。

 

といっても、そこまで厳密に

作られている楽器ではありませんので、

新品の状態でも調律がバッチリとは

限りません。

多少の幅がある楽器なんです。

 

でも、それ以上に、許せないくらいに

くるっちゃうことがあるんです。

そうなったときに修理が必要になってきます。

 

 

●なぜ壊れる?

 

この金属製のリードと呼ばれる

部分がなぜ調子が悪くなるかと

いいますと、水分が原因です。

 

金属でできている部品ですので、

水分に長く触れると

当然ですが錆びていきます。

 

この錆びが厳禁で、

リード自体の動きを悪くして、

音がきちんと出なくなる原因に

なるんです。

 

じゃあなぜ水分がリードに

つくのかというと、

息を入れて音を出す楽器だから。

 

ピアノやエレクトーンだと

こういうことは絶対におきません。

息を入れませんからね(笑)

 

 

その上に問題なのは、

ほとんどの鍵盤ハーモニカは

水分を取り除くための機構が

やや弱いんです。

内部に溜まりやすい構造を

しているんです。

 

仕方がないといえば仕方がない

のですが、ここいらはもう少し

工夫の余地があるのでは…

と思ったりもします。

 

 

●保守

 

では、どのように保守をすれば

いいのかといいますと、

こまめな水分除去。

これ以外にありません。

 

 

先日、海外のプロ鍵盤ハーモニカ奏者の

動画を見ていたのですが、

彼らもやはり水分除去に結構注力を

しているようで、

「こんな風にまめに水分は取り除きましょう」

的なことを言っていました。

 

 

メンテナンスフリーな楽器では

あるものの、それゆえに

なかなか内部に入り込んでしまった

水分が外に出づらい構造に

なっています。

 

しかし日々の心がけで

状態の保持は随分変わってきます。

 

演奏後はなるべく水分を取り除く。

ケースの中に入れっぱなしにしない。

 

そんな普段の注意がより良い状態の

キープにつながりますので、

ほんの少しだけご注意くださいね。

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 楽器修理