平瀬楽器に来てくれてありがとう!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪
新しい出会いがあれば別れもあります。

妹の様な生徒さん

数年前にはじめて教室に来られた時は小学生でした。
一般的にピアノレッスン受講を希望される小学生の子どもさんはお友達のようにピアノが弾けるようになりたいとおっしゃられることが多いです。

 
また最近、中学生になったら吹奏楽部に!とおっしゃる方は多くなりました。
でもそうおっしゃる方のほとんどは「現在ピアノのレッスンを受講している」「楽譜が読める」「家族に楽器経験者がいる」など音楽がとても身近にありその影響を受けておられます。

 
でもこの生徒さんは「中学生になったら吹奏楽部に入りたいと思っています。でも楽譜が全然読めないので少しでもできるようにしておきたい!」というと理由でご入会いただきました。

 

当時、楽譜が読めないので読めるようにしたい!という理由で小学生の方がレッスンを受けに来られることは珍しく、お問い合わせいただいた時のことをよく覚えています。

 

ご指導をお願いするピアノの先生に「楽譜が読めるようになりたいそうです。ピアノが弾けるようになりたいわけではないそうなんですが・・・」とお伝えするのが心苦しかったような記憶がうっすらあります(笑)
そんな理由ではじめたピアノレッスンでしたが、レッスンの前後にはいろいろなお話しをして楽しく過ごさせていただきました。

 
中学生になって約束通り吹奏楽部へ入部され、私と同じフルート担当に決まりました。
そして当店での受講レッスンもフルートコースへ変更されました。

 

私自身が中学生になるまで音楽経験がほとんどなく吹奏楽部でフルートをはじめたということもあり、似た境遇で頑張っているという印象がありとても親近感を感じていました。またご本人がとても人懐っこいお子さんだったのでスタッフからもとてもかわいがられていました。

将来の夢をかなえるための別れ

レッスン終了後には部活動の様子を伺ったり、ご本人の将来の夢について伺ったり、アドバイスをさせていただくこともありました。時には甘えん坊なところがあったので叱咤激励したこともありました。

 

そんな生徒さんが小さなころからの夢(音楽やフルートとは全く違う夢をずっと持ち続けていらっしゃったのですが)をかなえるために自宅から通えない大学に進学することが決まりました。
教室のレッスンもその準備のため今月で退会されることが決まりました。

 
妹の様に感じていた生徒さんだけに、とても寂しい気持ちでいっぱいです。
そう思いつつ「頑張ってね!」と笑顔でお別れを言おうと思っていました。

 

最後のレッスンを終えて受付に立ち寄ってくださり、少し神妙な顔で
「いろいろな期待で表面的にわくわくしてはいるんです。でも家族と離れて暮らすこと、ここを辞めることが心の中の方ですごくさみしくて、涙が出てきます」と。

涙は見せないで笑顔でお別れのあいさつをしよう!と決めていたのでぐっとこらえましたが、そのセリフを聞いて目の奥が熱くなりました。

 

その後、あらためてたくさんの思い出をおしゃべりし、笑顔でお別れを言いました。

夢に向かって頑張ってほしいです!
平瀬楽器に来てくれてありがとう!いつまでも応援しています!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子