舞台の裏側を想像するとおもしろいかもしれません

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

5月からずっとお稽古に取り組んできたお芝居も

あと1週間でいよいよ本番!

そろそろいろんなことも急ピッチで

動き出すことになってきました。

 

●役割分担

 

昨日は本番前日から当日にかけてのみんなの動きと

役割分担についての検討を演出家を交えて行っていました。

 

こちらの業務は制作という立場ですので、

基本的にはこの部分はあまり立ち入らないのですが、

今回は人数が少ないということもあり、

何でもかんでもやらないと間に合わないんです(汗)

 

 

●舞台監督の仕事

 

舞台監督というと舞台の袖でえらっそうに指示を出す人

というイメージがあるかもしれません。

 

しかし実際はそうではなくて、結構細やかな

仕事をしているんです。

 

たとえば先程のスタッフの役割分担や

スケジュールなどの調整管理も舞台監督の仕事なんです。

 

意外に思われるかもしれませんが、

色んな人との間に入って調整をする役割が

舞台監督という仕事なんです。

 

プロデューサーは当日までの稽古の段取りを

考えていく人。

「演出家」という方がわかりやすいかもしれません。

 

当日までの間、演出家によって組み立てられた

出し物が、当日になって舞台監督の手に渡るわけです。

 

 

●当日は何も出来ません

 

プロデューサー(演出家)は稽古期間は

絶対的存在なのですが、本番になると

何もできなくなります。

 

たくさんの人達の動きの把握は舞台監督になりますし、

各自が各部署で細かく動くことになります。

いまさら、あそこの演出がどうのこうの

と言っても始まらないわけなんです。

 

なので、プロデューサーというのは

当日は何も出来ずにフラフラしていることが

多いんです。

急にすることがなくなったーって(笑)

 

 

●裏側にも注目

 

発表会やコンサート、お芝居やミュージカルなど

いろんなイベントに出かけられることもあるかと思います。

 

せっかく劇場に足を運ばれるのであれば、

表の明るいところばかりに注目するのではなく、

少し見えづらい裏側にもアンテナを貼って

注目してみるのも面白いかもしれません。

 

たとえば受付の動きをじっくり見るだけでも、

どういう指示系統が動いているのかなぁ

というのがわかるかもしれません。

 

開演が遅れているのであれば、

一体何が原因になっているのかを

考えてみるのも面白いかもしれません。

 

客足が途絶えないので開演が遅れることもありますし、

逆もあります。

 

ホールの扉の管理が行き届かずに

開演が遅れてしまうなんてこともあるでしょう。

 

 

生の現場はいろんなことが起こります。

そのいろんなことに注目してみると、

面白い動きが見つかるかもしれませんよ。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベント屋