おとなも緊張する舞台

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは〜♪

 
昨日から祝日のためお仕事がお休みの方も多いかと思いますが、平瀬楽器三田センターセンターではレッスンがあり営業しておりました。
さていよいよ今日から平瀬楽器三田センターも夏季休業(お盆のお休み)に入りました。

 

ということで私も少しのんびりできるはずなんですが…。

吹奏楽団の活動

13日(日)が一般部門の吹奏楽コンクールです。

所属している吹奏楽団もこのコンクールに出場しますので、昨日から毎日練習が予定されています。まだまだのんびりできそうにありません。

 

 

吹奏楽コンクールは毎年とても緊張する舞台です。
学生時代から何度出場したか忘れてしまうぐらいですが、毎回極度の緊張に心臓がバクバクいいます。

 

さてその練習に昨日も参加してきました。

コンクールの出場順がわりと早い時間なので当日はあまり練習できないことがわかっています。ですからほんの少しの音出しだけでよりいい状態にしないと行けないのです。

 

ベストコンディションに

学生の団体などは早朝に集合し学校である程度音出しをして出場されるところもあるようですが、一般団体はどこかで音出しをすることを考えましたが、会場確保が難しいので今回当日の朝の音出し練習は諦めました。

 

そこで本番までどのようにコンディションを整えるかが課題となってきています。
メンバーの集中力を高め、より良い演奏をすることを考えています。

 
ただ人によって集中力の高めかたはそれぞれ。
自分の中でどうしたらいいのかに悩んでいます。

お子さんのコンクールを参考に

教室の生徒さんたちがピアノやエレクトーンのコンクールや発表会に出演するされます。

 

スタッフとしてお世話をしているといろいろな方法で集中力を高める努力をされているのを目にします。

 
静かに目を閉じて集中力を高めている子や演奏予定の曲を聴いてイメージを作っている子、中には柔軟運動をしている子もいます。

 

 

 
今日の練習ではこのいくつかのやり方を試すとともに、自分自身が精神的に(緊張する)本番を想定して楽器を吹いてみようと思います。

 

 

 
あと1日頑張ってきます!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 自分のこと