審査員特別賞 受賞!兵庫地区ファイナル(EF2017)

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪
昨日はエレクトーンフェスティバル2017 兵庫地区ファイナル最終日でした。

最終日の昨日は小学生高学年部門と高校生以上の一般部門が開催されました。

会場の様子

当店からはみずちゃんが参加してくれました。

私はというと朝一番の開演には間に合わず、と中からの鑑賞でした。
でもみずちゃんは小学5年生でしたので同じ学年の小学5年生の方の演奏には間に合うように!と急いで行ったところ、前半の休憩明けからはしっかり聴くことができました。

 

小学生高学年部門は39名のエントリーで4年生が10名、5年生が14名、6年生が15名でした。

 

この部門になると地区ファイナルへ参加する常連の方も出てきます。
エレクトーンの準備の様子を見ていると演奏者ご本人が持ってきたハンカチで鍵盤を拭いたり、椅子の位置を細かく調整したりされている様子が見えました。

皆さん最善の演奏をするために準備に余念がないですね。

 
今回地区大会へは初参加のみずちゃん、本当に毎日毎日練習を重ねている様子を見ていました。今の自分の中のベストな演奏をしてくれることを祈りながら客席に座っていました。

審査員特別賞受賞

さあ、いよいよみずちゃんの演奏です。
この時ばかりはみずちゃんの家族になったような気分でした。

 

演奏準備をしている様子を見るととても落ち着いていてホッとしました。
私自身も店別大会やわくわくコンサートでは客席でみずちゃんの演奏を聴く機会がなかったので、この大会であらためて客席で落ち着いて聴いて、とてもきれいな演奏だと思いました。
本当に一生懸命練習に励んだ成果を十分に発揮できた演奏だったと思います。

 
後半の演奏も仕事の都合ですべてを聞くことはできなかったのですが
講師から連絡がありみずちゃんが「審査員特別賞」をいただいたとのことでした。
それを聞いてとてもとてもうれしくなりました。
きちんと積み上げていった努力の成果を「特別賞」という形で他の方にも評価していただけて本当にありがたいです。

さっそく当店のスタッフにも速報をお知らせしたところみんな自分のことのように喜んでいました。

 

積み重ねることの大切さ

将来、みずちゃんは保育士になりたいとおっしゃってます。これからはエレクトーンだけでなくピアノも頑張らないと!とおっしゃっていました。
きっとコツコツと積み重ねることでなんでもできるということを実感されていると思います。

次は将来の夢に向かって頑張ってほしいです。

 

素敵な演奏をありがとう!

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - エレクトーン