お客さんの立場で

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは〜♪

 

 
今日はピアノのコンクールを見にいってきました。

 

 

平瀬楽器でレッスンを受けいらっしゃる生徒さんがたくさん出演されていましたので応援に行きました。

演奏を楽しみに行く

開演ギリギリでしたので出演される生徒さんには演奏前の声かけができませんでした。
遅くなってごめんなさいm(_ _)m

 
当店からは小学1年生から中学生までの生徒さんが出演されました。

 

会場は少し小さめのとても綺麗なホールでした。
客席は本日の出演者と保護者の方々、指導者の方で満席でした。

 

到着するとすぐに演奏が始まりました。

 

緊張した様子の生徒さんもありましたが、みなさん立派な演奏をしてくださいました。

 
普段はコンサートやコンクールもスタッフとして働いていることが多いので純粋に演奏を聴きにいったのは久しぶり。客席からの眺めや演奏を楽しませていただきました。

マナーを守れる体制づくり

遅く来た関係でホール出入り口のそばに席を確保しました。
演奏前や演奏後の生徒さんの動きがよくわかる席でいろいろ勉強になりました。

 

純粋に演奏を楽しむと言いつつ、いろいろ周りの動きもきになるものでキョロキョロとスタッフの方の様子やセッティングもチェックしてしまいました。

 
ホールの出入り口は2重ドアでしっかりした防音ドアでした。出入りされる方はノブの動かし方がわかりにくいのと重量があって重いのでとても開けにくそうでした。

しかしスタッフの方がドアのそばで待機されていてきちんと対応されていました。
演奏中の出入りもご遠慮いただくようにされていました。

この演奏中の出入り、会場に来られた方はきっとダメだとはわかっていらっしゃるはずなんですが、なぜ演奏中のに出入りしてしまうんでしょうね。

 

もしかしたらホール内から外に出るならいいかなぁと思ってしまう方が多いかもしれませんね。

 

 

いつも舞台裏でスタッフをしているとなかなかわからないご来場のお客様の様子がよくわかりました。

 
当店の発表会やコンサートでもホールでの鑑賞マナーをもっとご理解いただけるようにしたいと思いました。

 

 

ゆゆなかなか他のイベントやコンサートに行けないことが多いですができるだけいろいろなところの様子を見て、当店の生徒さんのコンサートマナー向上に役立てたいと思いました。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 考えていること, イベントレポート