プロとアマの境目って?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日、教室生の保護者の方とお話をしていて、こんなことを言われました。

 

●プロや!

 

「このあいだの発表会のとき、

うちの子のギターの線(ケーブル)をささっと変えたり、

ささっと巻いたりしている姿を見て、

わ~!プロやー!と思ったんです!」

 

まぁこんな感じで感想というか、

お褒めのコトバをいただきまして。

 

アタリマエのことをやっただけなんですが、

そういう風に見てくださる方もいるんだなぁと

思ったんです。

もちろん普通に眺めている人のほうが多いんだと

思いますけどね。

 

 

●あたりまえ

 

この日の発表会は音響マンとしての仕事が

多かったので、この部分をよくご覧に

なられたんだと思います。

 

日頃は店でぼーっとしている姿しか

目にしたことのない保護者のみなさんにとって、

たままたこの日は日頃あまり見たことのない

仕事をやっていたから目についたのかもしれません。

 

 

でも、音響マンはケーブルを変えたり、

ケーブルを巻いたり、音の調整をするのが当たり前。

調律師が調律をするのは当たり前。

ケーキ屋さんがケーキを作るのが当たり前、

というのと同じなのかなと(笑)

 

 

●プロとアマの境目

 

ここで思ったのが、プロとアマの境目って

なんだろうということです。

 

ケーキを作る人はたくさんいます。

小学生でも中学生でも作れます。

 

でも、ケーキ屋さんの作るケーキは

見た目も美しく、味も美味しい。

そこがプロとアマの違い。

 

もちろん資格とかもあるんでしょうけど、

それ以上にはっきりわかる違いや境目が

あると思うんです。

 

 

たとえば調律師という仕事は

5年ほど前に国家試験が始まりました。

 

まだそこまで普及はしていませんが、

ゆくゆくは国家資格がないと出来ない

仕事になっていくのかなと思います。

 

 

音響の仕事では残念ながら資格的なものは

ありません。

ぼくの場合は専門学校にも行っていません。

 

ただ、たくさんの現場で一緒になった

プロの方に色々教わりながら今の知識を

積んできただけです。

ありがたいことに経験をたくさん

積ませてもらっていますので、

スキルは自然に高くなっていると思います。

 

 

●信頼されること?

 

どんな仕事も同じかと思うのですが、

結局のところ信頼されることが

いちばん大事なんだと思います。

 

たとえばヤマハ音楽教室の先生だって、

もちろんヤマハの認定資格はもってらっしゃいますが、

生徒さんや保護者の皆さんからの

信頼がないとレッスンは成り立ちません。

 

特別レッスンを行っていただいている

お二人のピアニストの先生方に関しても、

この先生のレッスンを受けたいと思う方が

多いからレッスンが成り立っているんだと思います。

 

 

いろいろな資格ビジネスが盛んな現在ではありますが、

資格だけではなかなか成り立たない部分が

多いのも現実です。

また我々のような芸術分野の仕事は

その色が若干強いのかなと思ったりもします。

 

資格も大事ですが、

その上にある信頼されることの大切さというのを

意識して、日々の仕事に向き合っていきたいですね。

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 考えていること, イベント屋