エレクトーンフェスティバル2017 ソロ演奏部門 平瀬楽器店別大会

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

 

先日ブログでも案内していたエレクトーンの発表会とコンクールが本日無事終了しました。

念入りな準備

朝からエレクトーンをホールへ運び込みセッティング。

 

楽器本体からの音量や客席へのスピーカーからの音量をホールの音響スタッフの方と細かく確認。

というのも出演される皆さんが気持ちよく演奏でき、客席のお客様も気持ち良く演奏を聴けるようにといろいろな場所に行って音量チェックを行います。

よしこれで絶対大丈夫!とは言い切れませんができるだけ「ベストな状態を」といつも考えて準備しています。

 

 

楽器の準備ができたら次は舞台進行上の細かい打ち合わせ。

 

どのタイミングで照明をどれぐらいにするか、開会のBGMのタイミングや閉会式のマイク位置や司会者の立つ場所はどこかなども打ち合わせします。

 
それでも発表会が始まると何かしらの打ち合わせもれやトラブルが発生します。

今日は特に大きなトラブルはなかったのですが、演奏ぎりぎりまで出演者が来なくてヒヤリとしました。

 

 

出演者の表情

今日の発表会、コンクール、出演者はいつも教室で顔を見る生徒さんばかり。
レッスンの時とは違う表情で自分の出番をドキドキしながら待っています。

 

今日の私の担当は舞台袖でのアナウンス。出演前にお名前や演奏曲目を紹介していきます。

前の方の演奏後、舞台の準備が整ったのを確認しながら案内しているのですが、

緊張している出演者は紹介される前に舞台に出てしまったりします。

こちらもあわててご紹介のアナウンスを入れることもしばしば。

 

 

この舞台袖での楽しみは待機している生徒さんに話しかけて緊張をほぐすことです。

もちろん先生が付き添っていただいているのであまり多くおしゃべりをするわけではありません。

 

でもほんの少し声をかけると生徒さんは緊張しながらもニコ!と笑顔になります。その笑顔で頑張ってね!とひとりずつ応援します。

 

緊張する舞台袖でいつもの笑顔を見せてくれるこの瞬間がいつも楽しみです。

 

結果

今日のコンクール部門の結果は週明けから各センターの店頭に張り出しますが
3名の方が兵庫地区大会に推薦されました。

 
今日がひとりで演奏する初めての舞台だった小学1年生。

家族でエレクトーンを習い、競い合いながら毎日頑張っていた小学5年のお姉ちゃん。

昨年に続いて2年連続で地区大会出場を果たした中学生。

 

舞台で結果を発表しながら客席のご本人や保護者の皆さんの表情を見てウルっとしてしまいました。

 
3名の方にはまた次の大会でも素晴らしい演奏をしてくれることを期待しています。

 
そして銀賞、銅賞、奨励賞に選ばれた皆さん、おめでとございます。あと一歩です!

 
そして今回は選ばれなかったみんなさんも本当にお疲れさまでした。

次こそは!とまた頑張ってください。

 

そして保護者の皆さんお疲れ様でした。ありがとうございます。

 

 

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 発表会