何をマネジメントする?ステマネの仕事

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日は所属している吹奏楽団の定期演奏会でした。

 

●ステージマネージャー

 

楽団に所属しているといっても仕事の関係で

なかなか練習に行けておらず、演奏会当日の

お手伝いが関の山。

それでもちょっと来てほしいと言ってもらえる

のは嬉しいなと思い、毎回のように行かせて

もらっています。

 

 

今回もお手伝い内容はステージマネージャー。

肩書は格好いいですが、要は演奏以外の

細々とした雑用をする係です(笑)

 

 

●なにをマネジメントするのか

 

このステージマネージャー(以下ステマネ)は

一体何をマネジメントするのかといいますと、

ステージ上で起きることをマネジメントする係です。

 

おそらく学校の吹奏楽部や市民の楽団では

こういう役職は置かれないと思います。

それくらい必要感が伝わらない役なんです(笑)

 

でもね、演奏会を開くにあたって、

この役職は絶対に必要だと思っています。

 

 

たとえば開演直前に客席の扉が空いていないか

チェックする係って配置できていますか?

 

もうすぐ開演なんだけど、ロビーがお客様で

ごった返しているときに開演を遅らせる

判断は誰がしますか?

 

休憩時間の把握って誰がやっていますか?

 

コンサート全体で遅れが生じてきた

場合は誰がどうやって対処しますか?

 

そういった、ステージ上で行われる

「コンサート自体の管理」をするのが

ステマネの役目なんです。

 

 

●安心感

 

ただ、さっきも書いたとおり、この業務は

非常にわかりにくい仕事です。

 

別にステマネが不在でも会は進みますし、

逆にステマネが大活躍している

ということは何かしらコンサートに

問題が生じているということですから、

よろしくないことですし(笑)

 

 

ただ、わかっている人には

ステマネがいる安心感があるんだそうです。

 

 

たとえばホールのスタッフの方々に

してみると、今日会ったばかりの

人たちと一緒に仕事をするわけですが、

何かトラブルが生じた場合、

誰に指示を仰げばいいのかが

わからないことが多いんです。

 

それがステマネがいることで、

この人に聞けば大丈夫という

環境を作れます。これは安心なんですよね。

 

 

 

演奏する側の人にとっても、

細かいことに気持ちを

割かれることがありません。

 

たとえば誰かの気分が悪くなって

今すぐ演奏ができないといった場合、

司会者にお話を少し長くしてもらい

状況把握の時間をとったりすると

いう判断をくだすことも出来ます。

 

そして最悪の場合、演奏会の

進行自体を中止するのも可能なわけです。

 

 

それくらいの役割を担っているのが

ステマネなんです。

 

 

●やり続けます

 

実際に演奏家として活動されている

方々にとってステマというのは

裏を支える大切な役割なのですが、

アマチュアではそこまでのイメージを

持っている人は多くはないと思います。

 

でも、やっぱりホールのスタッフさんや、

何かが起きてしまったときのため、

そして、お客様に素敵な音楽を

届けるためにも、このステマネ

というお役目をきちんと

やり続けたいなと思っています。

 

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベント屋, ヒラセトモキのこと