音楽で街を明るくするって、こういうことだと思う。

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

今日はライブでした!

それもちょっと特別なライブでした!

 

自遊空間Ami

 

自遊空間Amiはクラシック音楽をやっているサロンという設定になっていますが、実は弾き語り系のイベントもやっています。

ギターやピアノの弾き語りです。マイクやアンプを使ったクラシックとはちょっと対極にある音楽です。

クラシックじゃないのになんでこんなのやってるの?と思われるかもしれませんが、やっぱりこれはこれで大切なことだと思うんですよね。

 

もともとクラシック音楽のサロンをやろうと決めたきっかけは、音楽を志したものの実際には食えない若いミュージシャンが多すぎたんです。そんな子たちの少しでも支えになることができたらという想いからスタートしています。

 

じゃあ弾き語りはというと、やっぱり根っこは一緒なんです。

やりたい子たちを応援したいんですよね。

音楽を諦めて欲しくないんですよね。

 

 

地元でこんな子いるんや!

 

ある日の弾き語りのイベントの日、たまたまやってきたメンバーの中に彼女はいました。

彼女はピアノの弾き語り。まだ若くかわいいそのルックスから、きっとやり始めて数年なんだろうなという印象を受けました。

 

しかし、リハーサルの時に歌を聞いてびっくり。

こんな子が地元にいたんや!驚愕でした。

 

聞けば大阪で長く活動していてCDも3枚くらい発売しているらしいとのこと。

これはすごい!

これはなんか関わりたい、もっと地元の人に彼女の存在を知ってもらいたい!と思いました。

 

 

おめでたいけどぶっちゃけ残念!

 

彼女と知り合って3年くらいかな?

いくつかのイベントで一緒させてもらいました。ライブにも足を運びました。

まだまだこれからもっともっとたくさんの人に好かれる存在になってくれればと思っていました、

 

しかし(っていうと失礼なんだけど)、結婚そして出産と決まってしまい、とっても残念ながら活動を一旦休止することになってしまいました。

まだまだこれから活躍できるはずなのに勿体無いなぁとは思うものの、彼女自身が考えたことですからねぇ。ま、仕方がないです。

 

で、そんな彼女の活動休止前のラストライブが本日自遊空間Amiで行われました。

彼女の活動範囲からいえば大阪や神戸でやったほうが絶対たくさんお客さんが入ってくれるはずなのに、地元だからと三田で、しかも自遊空間Amiでやりたいといってくれて。その気持ちがとってもとってもうれしかったです。

 

でも、これからも関わっていきます!

 

彼女は本日からしばらくお休みに入ります。

でも、まだまだこれからいろんな形で関わって行こうと思っています。

 

彼女以外にもきっとこの街にはひたむきに音楽に向かっている原石がたくさん眠っていると思います。そういう人たちと関わることで、何かお手伝いができないかなと思っています。

そういう活動こそが楽器屋さんのお仕事の一部なんじゃないかなと思うんです。

音楽を通じて街を明るくする。これがぼくのやりたいことで、やるべきことです。

今日お越しいただいたお客様の笑顔を見ていて改めてそんなことを思いました。

もっともっといろんな人と関わっていって、いろんな人を街に紹介し、そして街を明るくいきたいと思います!

 

おかきくちゃん、今日はお疲れ様でした!ありがとう!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - イベントレポート