初日の幕があきました!〜ヤマハ音楽教室発表会〜

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

今日は発表会初日でした!

 

仕込み

 

昨夜レッスンが終わる20:30ころからエレクトーンを11台と打楽器類を大きなトラックに積みこみましてむかえた本日。

朝、ホールが開くやいなやエレクトーンやらその他の楽器やら配布物やらをどんどん搬入し、音響さんや照明さんも機材類をどんどん搬入し、一気に仕込みモード。そこから約2時間ほどノンストップで働きまして、ようやく11:30すぎに準備完了になりました。

この2時間というのが早いのか遅いのかはわかりませんが、ホールの開場時間や開演時間から逆算して考えると、取れる時間の最大がこの2時間程度。

この2時間でどれだけテキパキと仕事をこなすことが出来るのか、が仕込みのスムーズさとイコールになるわけです。

ですので、前日までに結構細かいミーティングを重ね、いちいち指示をしなくてもいいように持ち場を考え、時間がきたら一気に動ける体制を作ったはずだったのですが、なんと、こともあろうに舞台監督のぼくが色々書き込んだ資料を一式忘れてきてしまうという失態をやってしまいエライコッチャ状態で発表会が始まりました(汗)

 

 

少しずつ

 

毎年毎年行っている発表会ではありますが、実は何処かがなんか少しずつ変わっていっています。

今年は写真撮影場所を変えてみたのと、ロビーでの物販販売をさせてもらっています。

ついでに下のCeffe STELLAから出張販売に来てもらって、合間の時間に美味しいコーヒーを飲んでもらえるような環境を作っていっています。

 

本来であれば発表会のでホールの中でじっと聞いてもらっていればそれでいいのかもしれません。しかし日頃からこういう音楽を聞き慣れていない方々もお客様として来場されるわけですので、やっぱり来てよかったなぁと少しはエンジョイしてもらえるような仕掛けも考えていきたいなぁと思ったのがキッカケなんです。

 

なんのために

 

とはいえ、発表会の主目的はなんといっても生徒さんのため。

一年間の練習の成果を華やかな舞台で披露してもらいたいということと、いい思い出を作ってもらいたいということが発表会の大きな大きなテーマです。

そのために先生方も我々スタッフもバタバタと走り回っていい一日を過ごしてもらえるようにがんばってまいりました。

 

ややもすると流れ作業になり、事務的な感じになってしまいがちな大きな規模の発表会ではありますが、少しの気持ちの持ちようで一つ一つのステージが大切に思えてくるんですよね。

 

 

トラブル

 

そんな発表会初日も無事に終わりました。

「舞台はナマモノ」なんて言われますが、やっぱりそれは本当のことで、細かなトラブルはいっぱいありました。しかしそれをはねのけるくらいの素晴らしい演奏を生徒さんたちは披露してくださいましたし、先生方も懸命のフォローをしてくださいました。

 

明日は2部と3部があります。どんな演奏に出会えるのかとってもとっても楽しみです。

お時間ある方はぜひ遊びにいらしてくださいね♪

 

 
 

☆ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室 春の無料体験レッスン実施中!☆

平瀬楽器の体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 発表会