配信という武器

   

 

vol.1469

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 

昨夜、くったくたで店に戻った後
新しく配信ライブを行いたいという相談を
いただいた方とネットミーティングを
行いました。

 

●上限撤廃

 

先日の新聞報道を見ていますと、
10月から色々なイベントの収容人数の
上限撤廃が進むようです。

 

今はスポーツイベントも
決して多くないお客さんで実施されていますし、
音楽もホールやライブハウスは使いにくい
状態です。

演劇やミュージカルなど費用が
たくさんかかる出し物は、
お客さんの人数を入れられないと
採算が取れないので
なかなかできないような状況です。

 

この収容人数が撤廃されると
一気にできることが増えますよね!

 

●でも…

 

とはいいつつも、やっぱりまだまだ
コロナの影響がなくなったわけではありません。

 

満員の劇場に対して抵抗のある方も
いらっしゃるだろうし、
ライブハウスは制限解除の対象には
なっていなさそうです。

 

おそらく細かい部分を見ていると、
きっと色々あるんでしょう。

 

やっぱりまだまだ前のようには
戻れないようです。

 

●なので

 

配信ライブをやろうと決めた理由は、
演奏者のための場作りでした。

演奏をしたいと思っても表現する場が
なくなってしまっていることを
何とかすることができないのか。

そうすることで自分たちの仕事にも
つながるんじゃないか。

そんな事を考えて準備をしてきました。

 

もちろんホールでゆったり聞ける
コンサートが一番いいんです。

それが出来る環境になればそれでいいと思っています。

 

しかし、実際はまだまだそれは先になりそうです。

 

 

●配信コンサート

 

昨日相談を受けた方はクラシックの
管楽器奏者の方。

もう収容人数を考えなくていいので
リアルのお客さんも入れて開催したら?という
提案もしたのですが、まだ色々不安はあるので、
無観客での配信コンサートを、とのことでした。

 

考え方は人それぞれです。

別にそれが正しいとも間違っているとも思いません。

ただ、ひとつ言えるのはこの配信という形は
きっとリアルと密接に結びついて
これからも残っていくだろうなということです。

 

配信という仕事は楽器屋の仕事ではありません。

でも、これから先に戦っていくための
ひとつの武器になるんだろうな、と考えていたりします。

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■30~40年前のピアノってボロボロなの?古いの?

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 発表会