得意を知る。知識を得る。

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

平瀬楽器には兵庫三田ピアノアカデミーという
特別なクラスがあります。

このアカデミーでは夏と冬の年に2回、夏期講習と冬期講習を
行っています。

 

●夏期講習

 

今回の夏期講習、北は北海道から南は沖縄まで
日本全国からピアノをがんばっている方々が集まって
くれています。

昨夜、つまり夏期講習初日はホールを借りての
弾き合い会を実施しました。

 

自分の演奏を客観的に聞くことで課題を掴み、
明日から始まるレッスンに臨むという段取りです。

昨夜の弾き合い会では舞台上に椅子を置き、
互いの演奏を聴きあいました。

保護者の皆さんも舞台上、演奏者も舞台上という状況です。

 

なぜこういう形にしたかというと、
より客観的に自分の音を聞くためです。

 

ホールの客席って上手に聞こえてしまうんです。
それを防ぐためにも、演奏者と同じ位置で聞くことで
アラも目立つし、いいところは際立つという状況を
作ったわけなんです。

 

●知らないことって多い

 

ホールの響き、ピアノの位置など、演奏するにあたって
注意するべきことってたくさんあります。

しかしそういうことって学ぶ機会がなかなかありません。

 

位置が少し前に行くだけでどれだけ響きが変わるのか。

キャスターはどういう形が正しいのか。

ピアノの音を聞くときにはどの辺りの席に座れば
良いのか、などなど。

 

こういうことって我々からすると当たり前だと
思っていたのですが、もしかしたらこういうことを
知っているのは自分たちの強みなのかな、
と思ったりもしました。

 

●得意は色々

 

楽器屋といっても色々な強みを持った楽器屋が
存在します。

ピアノが得意といってもステージのことは得意じゃない
というお店もあるでしょう。

ギターのことはおまかせというお店もあるでしょう。

 

うちの場合はピアノなど生の楽器でも、
電子の楽器だったとしても、ステージの仕事が得意なんだなぁって
いうのを昨日の弾き合い会で感じました。

 

きっと他の参加者の皆さんもそれぞれに気づきが
あったと思います。

さぁ、残り2日、がんばってくださいね!

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 楽器のこと, 音楽について, 発表会